まずは環境の整理。

インストール先dir
レジストリの HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Cygnus Solutions\ Cygwin\mounts v2\/\native の値(REG_SZ, ファイル区切りは'\') (以降 CYGWIN.)
セットアップ情報格納dir
CYGWIN/etc/setup
セットアップ情報dirにあるファイル
timestamp
setup.ini のタイムスタンプ?
installed.db
インストールされているモジュールのリスト
last-action
最後に選択したAction ("Download,Install", "Install", "Download" のどれか、かな)
last-cache
最後に利用したキャッシュdir (nativeフォーマット. 例えばd:\tmp\cygwin\setup.exe を使ったんならデフォルトは d:\tmp\cygwin となる.)
last-connection
接続の種類 ("Direct", ????)
last-mirror
最後に利用したmirrorサーバ(2つ以上選択していた場合は1行づつ出力される)。ちなみに、各サーバに対応するキャッシュディレクトリはlast-cache\URLエンコードされたURLとなる。
モジュール名.lst.gz
インストールされたファイル一覧? (CYGWINからの相対パス(POSIXスタイル))
その他、セットアップに関するファイル
CYGWIN\etc\preremove\モジュール名.sh
アンインストール前に起動するシェルスクリプト? (cygwin shell内で絶対パス(/etc/preremove/***.sh)で起動?)
CYGWIN\etc\postinstall\モジュール名.sh
インストール後に起動するシェルスクリプト? (cygwin shell内で絶対パス(/etc/postinstall/***.sh)で起動?) (動かし終わったらファイル名の末尾に .done を付けるっぽい)

preremove と postinstall の起動の仕方
CYGWIN\bin\bash.exe --login -c ファイル名


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://floralcompany.jp/mt/mt-tb.cgi/187

コメントする

AUTHOR

  • turugina (虎王 剱奈)
  • E-mail: turugina {at} floralcompany.jp
  • pixiv
  • ニジエ

2014年5月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

アーカイブ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 5.2.10

- 警 告 -

本サイトにはいわゆる「18禁画像」(イラスト)へのリンクが存在します。 未成年の方や、その手の画像に不快感を覚える方は、 該当記事(「えちぃの」及び「ちょっとえちぃの」カテゴリ) をご覧にならないようお願いいたします。

上記を理解した上で非表示のブログパーツを表示する
あわせて読みたいブログパーツ
ついった
drawr/pixiv/twitpic