S2Dao.NET を使ってみる - (1) 準備 [.NET]

| トラックバック(0)

Seasarプロジェクト にある S2Dao.NET を使ってみたので、諸々を備忘録代わりに。

Q. S2Dao.NET って何? --- A. O/Rマッパーの一。 S2Dao の .NET Framework 対応版

Q. 入手方法? --- A. 本記事執筆時点では、 S2Container.NET に取り込まれているので、 S2Container.NETの最新版をダウンロードしてくればよろしいでしょう。

Q. prereqs? --- A. 公式のドキュメントには log4net を使ってるからどーのこーの書いてあるけど、アセンブリはS2Containerの配布物に同梱されてる。

Q. 事前に仕入れておいたほうがよい知識 --- A. AOP, インタフェースプログラミング, DI (後、おまけで ADO.NET)

-----

準備は整った。おもむろに VisualStudio ででも SharpDevelop ででも、 適当なSolutionとProjectを作り、 Seasar.DLL, Seasar.Dao.DLL, log4net.DLL を参照設定に追加しよう。

また、利用するDBがMS SQL Server や Oracle でない場合は、別途 ADO.NET対応のデータプロバイダを用意しよう。(例:SQLite なら System.Data.SQLite が利用できる)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://floralcompany.jp/mt/mt-tb.cgi/76

AUTHOR

  • turugina (虎王 剱奈)
  • E-mail: turugina {at} floralcompany.jp
  • pixiv
  • ニジエ

2014年5月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

アーカイブ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 5.2.10

- 警 告 -

本サイトにはいわゆる「18禁画像」(イラスト)へのリンクが存在します。 未成年の方や、その手の画像に不快感を覚える方は、 該当記事(「えちぃの」及び「ちょっとえちぃの」カテゴリ) をご覧にならないようお願いいたします。

上記を理解した上で非表示のブログパーツを表示する
あわせて読みたいブログパーツ
ついった
drawr/pixiv/twitpic