bazaarの最近のブログ記事

という大変安直な名前の pixiv 専用クライアントを何かちょこちょこ作ってます。

一応 launchpadプロジェクトページ をこさえてみました。
Bazaar をお持ちであれば、 bzr branch lp:pixivviewer/trunk で多分最新のコードが取って来れます。
プロジェクトページにも書いてありますが、 SharpDevelop 4.0 で Boo言語 を使って書いてます。

「コードとかしらねぇよ。使える奴よこせよ」とかいう向きには、 ダウンロード用ディレクトリ に適当においておくので、適当にあれしてください。
なお、実行には 無駄に .NET Framework 4.0 が必要です。入ってない人はWindowsUpdateなり .NET Framework 4.0 のダウンロードページ なりでダウンロードしてインストールしてやってください。

レジストリとか多分使ってないので、アンインストールの際は展開したフォルダと 画像キャッシュディレクトリ を消してあげてください。

基本的に自分用に作ってるので、使いやすいかどうかは知りません。というか、個人差があるもんですよこういうのは。
後、本ソフトを使用する事によって生じるあらゆる事象については、私は責任を持たないものとします。あくまでも自己責任で使ってください。

質問等ありましたらこのエントリのコメントなり、 twitter なり launchpadのプロジェクトページなりでどうぞ。

を、先ほどCPANにuploadしました。(ちょっと色々ミスってて最新版はいきなり0.02ですけど。

名前の通り、Module::Setupでバージョン管理に Bazaar を使う向きのプラグインです。

Module::Setupに元々入っている VC::Git を元にして作ったので、大体あってる筈。

デフォルトflavorを使ってる場合、MANIFEST.SKIP^\.bzr/の一行を追加してあげないとmake manifestでエラい事になるので要注意です。

ソースコードは この辺 に置いてあります。

現時点では search.cpan.org には反映されてないようです。一晩寝て起きたらきっと反映されてると思います。

前準備

  • Cygwin の git パッケージをインストールする
  • Python 2.6 をインストールする
  • Bazaar (Python 2.6 base) をインストールする
  • dulwich をインストールする (python setup.py install)
  • bzr-git をBazaarプラグインディレクトリに設置する。

前回 追記したののとかまとめ

  • lp:~foo/bar/bazbzr+ssh://bazaar.launchpad.net/~foo/bar/baz の略記
  • http://code.launchpad.net/~foo/bar/baz は WebDAVアクセス
  • http://bazaar.launchpad.net/~foo/bar/baz はHTTPアクセス(readonly)

with PuTTY 追加メモ

  • puttygen で秘密鍵をOpenSSH形式にexportできるので、 %HOME%/.ssh/id_dsa (RSAの場合はid_rsa)としてexportしておくと、 BZR_SSHは設定しなくてもok
  • HOME環境変数がない場合は %USERPROFILE%/.ssh/id_xxx
  • pageant を起動して秘密鍵をAddしておかないとダメ
  • pageant にAddできるのはPuTTY形式(*.ppk)のもののみ。 id_dsa/id_rsa はAddできないので、秘密鍵の保存は忘れないように。

その他

  • bzr send で作成されるパッチファイル(bundleファイル)を適応するのは bzr merge パッチファイル名bzr patch パッチファイル名 ではない

アカウント登録

  • launchpad.net の右上のSign In/Register から メールアドレス入力すると、launchpadからメールが来るのでメールに書かれているURLにアクセスして登録完了。

プロジェクト作成(public)

  • メインページの"Create a New Project" から、必要事項を記入していく。
  • 作成される リポジトリは lp:~<user name>/<project name>
  • 初期状態で /trunk ブランチが作成されている。

個人用Branchの作成

  • アカウントページのBranchesから "Register A Branch"
  • プロジェクト作成時と同様に必要事項を記入する。
  • リポジトリのURLは、 lp:~<user>/+junk/<branch>

その他

  • lp: は bzr+ssh://bazaar.launchpad.net/ らしい。(SSH用のポートが開いてないとアクセスできない?)
  • checkout や pull するだけなら http://code.launchpad.net/~<user>/<project>/<branch> が使える。
    • 2009-11-09追記: WebDAVでアクセスしてるみたいなのでcommitもpushもできるっぽい
    • 2009-11-09追記: readonlyアクセスをしたい場合は http://bazaar.launchpad.net/~<user>/<project>/<branch> でした。こっちだとWebDAVコマンドを通さないproxyが間にあってもcheckoutやbranch/pullができます。

with PuTTY

  1. Puttygen でkeyつくる。
  2. アカウントページの SSH Keys でpubkeyを追加する。
  3. Pageantでkeyを読み込んでおく。
  4. keyを作った後に一回だけPuTTYでbazaar.launchpad.net にSSHログインする(known hostsに入れるため。ログインシェルは多分 /bin/false なのですぐにセッションは終了する。
  5. bzr launchpad-login <username> でログイン名を設定しておく。
  6. plink.exe にPATHを通しておく。
  7. BZR_SSH 環境変数を plink に設定する。 (何故か plink.exeのフルパスではだめだった

AUTHOR

  • turugina (虎王 剱奈)
  • E-mail: turugina {at} floralcompany.jp
  • pixiv
  • ニジエ

2014年5月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

アーカイブ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 5.2.10

- 警 告 -

本サイトにはいわゆる「18禁画像」(イラスト)へのリンクが存在します。 未成年の方や、その手の画像に不快感を覚える方は、 該当記事(「えちぃの」及び「ちょっとえちぃの」カテゴリ) をご覧にならないようお願いいたします。

上記を理解した上で非表示のブログパーツを表示する
あわせて読みたいブログパーツ
ついった
drawr/pixiv/twitpic